六曜カレンダーって?

六曜カレンダーとよく言われているものがありますが、六曜とはどういうものなんでしょうか?
六曜というのは、、暦に記載される日時・方位などの吉凶、その日の運勢などの事項をあらわす暦注の一つで、先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口の6種のことをいいます。普段意識していなくてもカレンダーでよく見るやつですね。
今日の日本においては信心深い人でなくても、結婚式ならは大安、葬式は友引を避ける、などといったふうに信じてしまっている人が多いと思います。冠婚葬祭などの日どりを決めるのによく用いられていますね。
つまり、六曜カレンダーというのはそういった暦注の記載されたカレンダーだということです。



各六曜の説明

知っているようであまり知らない、各六曜の説明をしておきます。

先勝
「せんしょう」「せんかち」「さきがち」「さきかち」などと読まれます。
「さきんずれば即ち勝つ」の意味。午前中は吉、午後は凶とも言われます。

友引(ともびき)
「凶事に友を引く」の意味。かつてはこういった意味はなかったのですが、陰陽道で、ある日に事を行うと災いが友に及ぶとする「友引日」というものがあって、これが六曜の友引と混同されて、現在の意味になったと考えられています。
この日に葬式・法事を行うと、友が暝土に引き寄せられるという迷信があり、友引の日は火葬場を休業とする地域もあります。

先負
「せんぶ」「せんぷ」「せんまけ」「さきまけ」などと読まれます。
「さきんずれば即ち負ける」の意味。午前中は凶、午後は吉ともいいます。

仏滅
この日は六曜の中で最も凶の日とされ、婚礼などの祝儀は避ける習慣があります。この日に結婚式を挙げる人は少ないのですが、逆にその料金の安さから近年では仏滅パックというものも存在し、好んで結婚式の日に指定する人もいるようです。

大安
「たいあん」が一般的な読み方ですが、「だいあん」とも読まれます。
六曜の中で最も吉の日とされます。特に婚礼は大安の日に行われることが多いです。

赤口
「しゃっこう」「しゃっく」「じゃっく」「じゃっこう」「せきぐち」などと読まれます。
午の刻(午前11時ごろから午後1時ごろまで)のみ吉で、それ以外は凶とされています。



年間の各六曜分布を確認する

このサイトの六曜カレンダーは年間の各六曜分布が一目で確認できます。ダウンロードは出来ませんが各六曜の分布が年間カレンダー上で確認できるので、とてもわかりやすいです。
トップページの右側にあるカレンダーのしたの西暦をクリックすると年間カレンダーになりますので、そこの各六曜名をクリックすると、その日がハイライトされます。実際に見てみるとその良さがわかりますよ。

D-web Portal
http://www.d-web.co.jp/



月齢や旧暦も一緒に見てみたいなら

六曜カレンダーのみならず、月齢や旧暦も一緒になったカレンダーも出回っています。
暦法における月齢というのは、月の満ち欠けを表したもので、新月の瞬間からの経過時間を日を単位として表したものになります。ある日の正午の月齢をその日の月齢と呼ぶこともあります。
旧暦というのは現在使われているグレゴリオ暦の前に使っていた暦の事を指し、各国によって異なります。日本では天保暦が旧暦となります。これは明治5年まで使われており、翌年の明治6年からはグレゴリオ暦が使われています。

紹介するこのサイトは北海道は旭川の地元サイトですが、六曜・月齢・旧暦が一緒に示されているカレンダーが公開されています。なかなかおもしろいです。

旭川情報ネット
http://www.ajnet.ne.jp/dairy/



自分だけの六曜カレンダーが欲しい

六曜カレンダーといってもWeb上からダウンロードしたり、そのまま表示するだけといったカレンダーが多いと思います。
しかし、この「月のカレンダー」はなんと、60年分の月の状態と、大安、仏滅などの六曜、二十四節気、雑節、旧暦、国民の祝日などの情報が表示されているカレンダーなのです。
さらに、記念日やメモもカレンダー内に書くことが出来ます。つまり、自分だけの六曜カレンダーを持つことが出来るのです!

月のカレンダー
http://moon.basso.jp/